About Us

そこに行けば心を豊かにしてくれる空間、

お茶を飲んでいるとつい時間を忘れそうになって、

一人を楽しみたい人もおしゃべりを楽しみたい人も、みんなを楽しみたい人も、

それぞれがそれぞれに過ごすことのできるちょっとした隠れ家が、グラニーズです。

本と手作りと日々の暮らしを愛する女性のために!

2017年9月11日月曜日

モンゴメリさんの『赤毛のアン』ランチ

グラニーズのカフェでは時々、物語にまつわるランチを限定数ですがお出ししています。お客様に楽しんでいただくためでもありますが、作る側にとっても大きな楽しみです。グラニーズのキッチン担当スタッフは皆お料理好きで、メニューが決まると張り切って暮らしの手帖なみに試作、試食を繰り返し、おいしさを追求しています。

そんなグラニーズカフェの今月の物語メニューは、『赤毛のアン』のモンゴメリさんのレシピです。

                   
                

モンゴメリさんはお料理が大好きで、小説家にならなかったら料理人になりたかった、と日記に書き残しているほどだったとか。牧師夫人でもありましたから、教会の集まりのときには自ら台所に立って大勢のために食事の用意をしたそうです。手書きのレシピノートは今も残り、それを大切に譲り受けた方が本にまとめていますので、今回のメニューはそれを元にしました。
『赤毛のアン レシピノート ― L.M. モンゴメリの台所から』 東洋書林


メインディッシュ   シェパードパイ  ツナときゅうりのサラダ   トマトゼリー

食後          キャロットケーキ  ミルクティー


9月25、26、27日の3日間、1日5食限定ですので、ご予約頂けるとうれしいです。


ところでモンゴメリさんの有名なクレイジーキルトがあります。10年ぐらい前になるでしょうか、仙台の藤崎デパートで ”赤毛のアン展” があったとき、私はそれを実際に見ることができました。小さなシルクの端切れが(10センチ位の長さがあれば大きな方で、それよりも小さなものがほとんどだった記憶があります)丹念につなぎ合わされ、接ぎ目には細かなステッチがかけられ、大きさは120センチ四方くらいではなかったかと思います。12才で作り始め16才で完成したそうです。その頃の少女たちにとって針仕事は当たり前のことだったのですね。

                                                                           

2017年9月4日月曜日

9月のワークショップ

毎月第一月曜日はワークショップとしてさまざまな手芸技術を楽しんでいます。今日はみんなでドッティーちゃんを作りました。それぞれに表情、髪の色も個性さまざまです。染めたレースモチーフ、足に使ったビーズフリンジもこれまでにやったワークショップの成果です。





2017年9月1日金曜日

店用小物

カフェで使う秋色のティーマットを2枚作りました。最初の頃に作ったものが少し染みになったりしていますので、交換のために時々作り足す必要があります。

                            

         
クレイジーキルトを始めた最初の頃、シームステッチにさまざまな糸を試すのが楽しくてしかたありませんでした。。海外の人たちと糸の交換もたくさんしました。最近は自分にとって使いやすい糸がほぼ固まってきましたので、たまった糸の整理にタッセルを作っておこうと思いつきました。これもチャリティグッズを買って下さったお客様にお礼に差しあげたり、小物を作ったときにどこかにプラスしたりと、用意しておくととても重宝します。





2017年8月25日金曜日

雨記録

一昨日、久しぶりに太陽は見ましたが夕方から雨、昨日はやはり午前中晴れたと思ったら午後から雨、今日も朝がた目が覚めた時は晴れていたのにまた降り(後で晴れましたが)、仙台は35日間連続の雨で、この記録は昭和9年以来とか。明日降ったら記録更新です。

このクレイジーブロックはシームステッチが終わったところですが、あまりコテコテ飾る気もなくて、最終的に何にしようか考え中です。